金虎竜の酒呑日記

酒とタクミとダルシムと私。

d0008777_17231366.jpg

日曜に行われたアブダビ柔術部門の予選にタクミが出場。結果は残念だが、まあ、こういうこともありますわな。タクミ、次頑張ろう。

試合は各部門とも熱戦続きで面白かった。

個人的には、練習仲間でありライバルであるエクストリーム柔術の校長(奥田君)が、黒帯の選手から十字絞めで見事に勝った試合は最高であった。

嬉しいと言えど、来月の大会で当たる確立が高いので、喜んでばかりもいられないが。

当たったらお互い全力で戦いましょう。


d0008777_17233193.jpg

試合観戦後は、駒沢大学駅前の298(肉屋)という焼肉屋で打ち上げ。
※画像には写ってないが、小野瀬(タクミ兄)もいました。

肉はあまり好きではないのだが、昼間からやっている居酒屋がここしかないんだもの。

・・・そもそも昼間から飲むなという話だけどね。



私は19時30分に違う飲み会があったので、18時にはあがるつもりで飲み開始。


が、盛り上がりまくり、気づけば19時40分過ぎ。

焦って遅れる旨を携帯で伝え、急いで駅に向かう。




d0008777_17235186.jpg

急いで渋谷から約束の中浦和に行こうとしたその時。

偶然にも高瀬選手と遭遇!

急いでいるというのに、人を待たせているというのに、タクミと仲良く記念撮影。

そんなことやってる場合じゃないだろ。



さて、ここから全く記憶が無い。

どうやら電車の中で寝ていたらしく、気づけば籠原まで小旅行。

“籠原ってどこよ!?難しい字、書きやがって!草冠に龍じゃねえよ!大体何画あるんだよ!”

などと、籠原に心の中で八つ当たりをした後、再び謝りの電話を入れて約束の地へ向かう。


どうやら籠原は熊谷の先(群馬の近く)であるらしく、急いで向かったものの中浦和に着いたのは23時ジャスト・・。

どれだけ遅刻しているのだ・・。


それだけ遅刻したにもかかわらず、遅れた理由も聞かず、快く2時近くまで飲んでくれた星さん、本当迷惑かけました。心配させてばかりでごめんなさい。




※呑んだら座るな、座るなら呑むな。いや、これホント。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2010-03-21 15:22
<< 信じぬく事。 okinawa >>