金虎竜の酒呑日記

暑い!ヤバい!間違いない!!

d0008777_13131461.jpg

和田さんだよ!?


って、チト古いですね…。


モチロン、この話は鬼畜な和田さんとは何の関係もない。
寒い冬の日なると思い出す、あの男…

以前勤めていた会社の上司、A氏の話である。

当時、もうすぐ還暦を迎える歳だったが、やや老け顔、半分爺さんと言ったところか。


このA氏、とにかく暑がり。

朝の挨拶は決まって(真冬でも)、

「いや〜…、あっついね、カネコ君!」

である。

まあそれだけなら良いのだが、こやつの暑がりが他に害を及ぼすのが問題なのだ。

師走の、めっきり冷え込んだ朝の事。

ようやくロッカーにたどり着いき、ホッと一息…

出来ない…!

妙に寒い。


まさかと思い、空調パッケージを見ると、表示は“冷房”になっている!

ロッカーの奥を見渡したら…

居た。

やはり、こやつの仕業であった。

「おはよう!あっついね、カネコ君!」

暑かねえよ。何を考えてるのだ、こやつは…。

「あ、あのAさん、この時期に冷房はちょっと…すみません、切りますね。」


「なんだなんだ、いい若いモンがだらしないなぁ!ボクは暑くてしかたないぞ!アーッハッハ!」

…本当、上司でなければケツの一つや二つ、蹴り上げてやりたいところである。


外回りの仕事を終え、寒さに震え帰社した時も、

「お疲れカネコ君!はい、コレ」

渡されたのは、暑い季節の強い見方・アイスボックス。

有難すぎて涙が出そうである。

「食えるかボケ!」

と、叩き返してやりたいが、相手は上司、顔の筋肉だけで無理な笑いを作り、お礼を言うしかない。


夏場は夏場で、冷房温度を最低の16℃に設定(モチロン、私が適正温度に戻すが)。
眼鏡かけてる人なんか、その部屋(主にロッカー)に入ると、ラーメン食べてんのかと言いたくなるくらい結露してた。


結局、私はA氏が定年を迎える前に転職したが、彼は今何処で誰に迷惑かけているのだろう。

まあ、暑がり(常軌を逸してるが)なだけで、基本的に良い人なので、元気に暮らしてるだろうが。

それにしても、このA氏、特に太っている訳でもなく、どちらかといえば痩せ形。
何なんだろ、神経伝達が狂ってたとしか思えんが…

そんな事(男)を思い出した、師走の寒い1日。


※画像は本文とは何の関係も有りません。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2010-12-16 13:13
<< ツヨデカ星人 インド料理シタール >>