金虎竜の酒呑日記

黒帯までの道のり

d0008777_0264880.jpg

皆さんご存じ、軟体生物、だるしむ北出。柔術茶帯のテクニシャンの、この男曰く。

片足が頭の後ろにかかるようになれば青帯。

両足が頭の後ろにかかるようになれば紫帯。

画像のように、お尻あたりで両手が組めるようになれば茶帯。

自分でフェ●チオできるようになって、ようやく黒帯。


ということであるらしい。

現在茶帯の彼は、黒帯昇格を目指す為、画像のように日々血のにじむような猛訓練を重ねているのである・・・・・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-06-29 00:26
<< ハタチの約束 未来予想図 >>