金虎竜の酒呑日記

<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いざさらば

d0008777_9285497.jpg

いよいよブレアの最後の練習。練習熱心で凄く強くなったブレア。アメリカに帰ってしまうのは本当に残念であるし寂しいが、柔術を続けていればいずれまた会える時が必ず来る。私はそう信じている。
いざさらば戦友よ。また会えるその日まで。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-30 09:28

送別会

d0008777_1315404.jpg

昨日はナイスガイ・ブレアの送別会。せっかく仲良くなれたとおもったのに、アメリカ(カリフォルニア)に帰ってしまうのだ。みんなお別れの餞別を渡していたので、私もお別れのジャパニーズ・花火を咲かせようと思ったのだが、まわりの反対があまりにも激しいため、ひかえといたのである。残念。残念無念である。せっかく日本の“恥の文化”を見せられると思ったのに。日本の朝の顔・ガチャピンや何でも吸い込んでしまう妖怪・ノヅチといった日本を代表する方々にも挨拶させたかったのだが、それもかなわぬ夢となってしまった。さらばブレア。あ、でも木曜日まで練習来るんだよね。どうでもよいがこの画像の前の列、みんな右に偏っている。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-28 13:15

サラチ

d0008777_131247.jpg

カラオケボックスができてほしい。それが私の切なる願いである。でなければせめて居酒屋ができてほしい。  道場の前の更地の話なのであるが、いつまでたっても何もできないと思っていたら、水道が建てられていた。いったい何ができるのであろうか。カラオケボックスができれば、大黒で大酒→目の前のカラオケボックスで2次会→道場で3次会というカネタツのフルコースの完成になるのだが。画像は邪慰安がその水道を呑んでいるところ。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-26 22:32

いち・ず

d0008777_1512910.jpg

練習終了後、パレ千葉みんなの大のお気に入り、一,sラーメンを食べに行く。みんな塩ラーメンとすじこん飯をたいらげ大満足!!わたしは必殺の裏メニューを食べた。この裏メニュー、マヂで涙がチョチョギレルくらい旨い!!裏メニューがなにかは、私に土下座して足でもなめたら教えてあげますよ!西岡ニャンコはおつまみモヤシも頼み旨さにカンドーしていた。この店ほんとに何を食べても旨い! 行ったメンバーは画像のとおり。ヒョードル、有機、ニャンコ、私。有機は何度となく一,sに来ては、臨時休業やら何やらで振られまくり、今回念願の一,sデビューとなった。ホントやっとだな・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-24 22:48

打ち上げ

d0008777_15105994.jpg

児山本人がいなくても、打ち上げはしっかりやる。それが僕等パレ千葉ルールである。しかし残念ながら私の記憶はほとんどない。あるのはこの画像。このごろ不調のダルシム・北出~ニョがこのごろ絶好調の西岡・えなり・にゃんこの活躍をねたみ、にゃんこにしつこく嫌がらせをしていた。“もうかんべんしてくれ”的な顔をずっとしていたニャンコと“いやいやまだまだやりたりない”としつこく付きまとうダルシムの絡みはサイコーに面白かった。さて、次の日の仕事中、昨晩の不思議な出来事について考えていた。その出来事とは、昨日の試合観戦後千葉にかえる途中、所用で試合を観にこられなかったはずのトオタス・有機の両君にどっかの駅であってたような気がする事である。しかしいったいどこの駅なのか、私の霊魂が幽体離脱して会いにいったか、そもそもほんとに会ったのかそれ自体も定かではない。次の日の練習にいって、ようやく謎が解ける。トオタス・有機の話によるとべろべろに酔っていた私は、なぜか?津田沼で降り、東京方面いきの各駅列車ホームにふらふらしながらおりて行く所を両君に偶然発見されたらしい。東京方面にいってしまっては逆戻りである。というより既に東京方面は終電もなかったらしい。あまりのダメダメベロベロぶりを見かねた両君は私を保護し、千葉行きの列車まで誘導してくれたとのことであった。もし、彼らに会わなければ私は津田沼駅でくるはずのない電車を待ち続け、力尽きてベンチで眠ってしまい、千葉までたどり着くことはなかったであろう。しかしなんで津田沼でおり、東京方面の各駅ホームに行こうとしていたかは、いまとなってはさっぱりわからない。以上、漫画のようなホントの話でした。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-24 02:29

小岩勢と。

d0008777_1592419.jpg

今日は仕事後、児山ベンデイビス佳宏の応援に行った。相手はガッツマンの強豪・廣田選手。児山の芸術的なテイクダウン。そして上からパウンド。と行くかと思ったが、相手は廣田選手。そんな簡単にテイクダウンはしない。逆に相手のパンチが児山の顔を小刻みにとらえる。試合は力の入る一進一退の攻防。後半やや児山に疲れが出たようにも見える。  判定に。  結果は、判定負け。残念な結果ではあるが、児山はまだまだ発展途上のこれからの選手。この試合から何かを学び、上を目指してほしい。さて、試合観戦中ビールをザッパザッパ浴びまくっていたカネタⅡ(29歳・日本男児)は結構酔い、半分出来上がる。全試合終了後、千葉の呑み会に行く前に小岩勢との打ち上げに参加することに。生大からはじまり結構呑みまくってしまった。お会計はなんと、パレストラ小岩の大親分・大内さんが全員分おごってくれた。ホントありがとうございました。さて、酔っ払ったまま千葉に向かう・・・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-23 21:59

反省会

d0008777_761481.jpg

よーやく練習再開することができた。ほんとは火曜日から練習するつもりだったのだが、ケータイが(お客様の都合)になってしまった為、仕方なくドコモショップに金をめぐみに行ってやったら1時間以上も待たせやがり、結局10時をまわってしまった為いけず。水曜日は会社の呑み会でこれでもかあ、てなくらい呑んでしまったためいけず。なんでやっと今日から練習再開することができた。練習後、私の全日本でノックアウトされちゃった記念会&反省会をおこなう。私が大黒に入ると、ママとマスターが目を合わせ、(うわ、来た!今日は何時になるか分からんぞ)と、言葉にこそ出してないが、あからさまにいやそーな顔をしていた。そんなことはお構いなしで呑み会は始まる。だいたい1時くらいであろうか、まだまだこれからってな時間なのに、トオタスがお開きにしようと言い出し、皆もかえると言いだしたので仕方なく店を出る。後から聞いた話なのだが、私がビールのおかわりを頼んだとき、マスターがものすごい形相で注文を聞いていたらしい。まずい、と察したトオタスはお開きにしたのだ。このトオタス、合コンで鍛えられたのか、空気を読むセンスは抜群である。もしオリンピックに“エアー”という競技があったら間違いなく金メダリストであっただろう。メンバーは画像に写っていないがバイヤー来た打もいる。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-22 23:06

只今お仕事中

d0008777_1251384.jpg

昨日の全日本の結果は残念無念、2回戦負け。1回戦なんとか判定で勝って、2回戦。私が打撃でワンツウパンチを当てると、相手の右フック(だと思う)がもろにあたり、体が後ろに向いてしまった。このガキ、小さいころは女の子のようだと言われ、ハタチ前の髪を伸ばしていたころは尾崎豊に似ていると言われ、近頃では井上康生に似ていると言われているこの私の顔面を回れ右するまで殴るとは何事!!と、思ったか、ただ単に焦ったのかは覚えてはいないが、ソーゼツに打ち合ってしまった。相手のほうがはるかに打撃がうまいにもかかわらず、である。ガツーンと衝撃を受けるとともに、勝手にひざが折れていく。ワン、ツウ、という審判の声が聞こえているが体が動かない。正真正銘、ノックアウトである。作戦としてはパンチで散らして胴タックル。テイクダウン。そして寝技だったのに、これでは作戦もへったくれもない。何やってんだか・・。今年こそはプロになりたかったのだが、またやり直しである。扇久保が優勝!!したのを見届けた後、ソッコーで新幹線で帰り、新宿でカプセルホテルに泊まる。なんと、今日はお仕事なのである。てな訳でボイラー操作盤の前でパチリ。とはいっても、今日は一人だから気楽であるのだけども。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-19 12:51

床屋

d0008777_22485812.jpg

皆さんご存知、変なおじさん、石井である。この親父、自分の家の表札に、空手着を着た若いころの写真を貼り付けているすばらしいおじさんである。そーいや、昔みんなでこいつの家に遊びに行ったとき、全員寿司をおごってもらったことがあった。しかし、そこの寿司屋のあまりの不味さに皆大文句たれたっけ・・。おごってもらったってのに・・。寿司をおごってもらった後、石井さんの家に遊びに行く。ふと気がつくと、邪慰安がファミリーサイズのハーゲンダッツを一人で黙々と食べていた。こいつ、いつのまにこんなもの買ったのかなと思って聞いたら、(あー、冷蔵庫の中にあったから、思わず)そう、この邪慰安、石井の家の冷蔵庫をかってにあけて、なかにあったこのファミリーサイズのアイスをたべていたのだ。そして、おいしそうに全部平らげていた。よほどショックだったのだろう。気づいた石井さんは絶句し、固まったまま、しばらく動かなかったのであった。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-13 22:48

ジャンククラッシュ

d0008777_11342971.jpg

ナンチャッテ高校生・カネタⅡ対ジャンクマン!!戦いはカネタⅡの首投げの先制攻撃から始まった!!しかしすっぽ抜けてしまい、うしろからものの見事にジャンククラッシュを食らい、カネタⅡたまらずダウン!!さすがのカネタⅡも悪魔超人には勝てなかったようである。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2005-09-10 11:34