金虎竜の酒呑日記

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

おめでとう!ユキナ!!

d0008777_11242284.jpg

岩井の長女、ユキナが29日で4才になった!
昨日は地元の居酒屋、“ぐるめや”で彼女の誕生パーティーをやった。
私は以前、 (人間は3才くらいまでは前世を覚えている) というのを何かで聞いたことがあり、この子に試してみたことがある。

「ユキちゃんは生まれる前は何やってたの!?」


「いや!言いたくない」


「なんで!?教えて!?」


「前のことは、いいの!今なの!!」


これって・・・・。確実に覚えてるよね。しかもこの意味深長な言い方・・。気になってしょうがなかったのだが、何度尋ねても教えてはくれなかった。

画像は えが(岩井の嫁)と。はい、4才ってやってごらん。という訳で、パチリ。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-30 11:24

○○マスター

d0008777_6554087.jpg

 昨日の練習の話。

打撃の練習を一通り終えた私は、ボクシンググローブから修斗グローブに切り替え、総合の練習に入ろうとしていた。
 「金子、稽古つけてやる。」とわが師・鶴屋さん。このごろあまり鶴屋さんに稽古をつけてもらってなかった私は、「お願いします!」と意気込んだ。
 と、なにか様子がおかしい。鶴屋さんはそそくさと柔術着を着だし、スーパーセーブのヘッドガードを付け出した。
(はて!?修斗の練習なのになんで道着なんか・・!?)
すると鶴屋さんは私に向かって、もう一着の道着とヘッドガードを渡し、「はい、コレ着て練習して」と言ってきた。
「ちょ!!!!これって、大道塾の練習になっちゃうぢゃないですか!!!」

「そうだよ!オレ大道塾の試合に出るから練習してえんだよ!!さっさと着ろ!!」

いつのまにか修斗の練習から、大道塾の練習にすげ替えられてしまった。
    
                ー まずいことになった ー

私は心の中で呟き、3年前の出来事を思い出していた。鶴屋さんがまだ修斗の現役の頃、試合前に打撃の練習に付き合わされた時の事。 鶴屋さんの細かいパンチを浴びた直後、突然目の前が真っ暗になり、気付いたら頭をもたれ正座していた事があった。いわゆるハイキックをもろに食らって、ダウンしたのだ。「ごめんな金子。試合でハイキック出す予定だから、感覚つかみたくて」と、試合前に“人体実験”された記憶がよみがえってきた。

 でも道着きてるし、掴んでしまえば投げる事も・・

そう考え、練習開始とともに、打撃をくぐって上手く道着をつかむ事ができた。
 
 よし!あとは、煽って崩して投げて・・

などと考えていたら、ガゴン!!とものすごい衝撃が顔に来た。なんと、“頭突き”である。と同時に小外で倒され、馬乗りになられ、マウントパンチを食らった。

練習後、「頭突き有りなんて、聞いてないですよ!!」と私が言うと、「あ、大道塾はありなんだよ。まあ、他の人にはやらないけどね」       

「じ、自分にもやらないでくださいよ!!!」
            
                 やっぱり人体実験された。

画像は練習後、大黒で。大黒のマスターが、○○マスターである事が判明した金曜の夜。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-29 06:55

ち く び

 好きです。


 いいです。


 落ち着きます。
 

 小さいけれど、美味しいし。綺麗だし。




おっとお!!ここでイヤラシイ発想してたアナタ、そりゃ欲求不満ってやつである。


 道場の近くに新しくできた、居酒屋 竹尾。

ちなみに読み方は“ちくび”ではなく、“たけお”だそうだ。
先週の土曜の練習後、邪慰安、ヒョードル、矢魔寝、私で(試しにいってみよう)ということで行ってきた。
 ちょっと変わったメニューでは“鮫の串焼き”ってのがあり、なかなか旨かった。そしてなにより私にとってとても嬉しい事が。ここの居酒屋、


カラオケがついているのだ!!!


“呑んだら乗るな、乗るなら呑むな”は完全に無視しまくっている私だが、“呑んだら歌え、歌わなければ呑むな”は確実に守りたい人間である。とてもありがたいことである。

当然、歌いまくってきた。おそらく私の歌声に、店のママ、その娘、他の客、みんな惚れたであろう。

人間、思い上がりが肝心である。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-26 14:21

スネーク

d0008777_1761212.jpg

蛇が苦手な人、ごめんなさい。このビンの中に入っているのはハブ。昨日、練習後に沖縄料理屋、チャンプルにご飯&呑みにいったら、こんなのがあった。いわゆる、ハブ酒ってやつである。
 みんな、このハブみてどう思いますか!?怖い、気持ち悪い、またはカワイイなどなど、まあ、それぞれいろいろな感想があることでしょう。私の感想は、(旨そう)なのであります。
ハブ酒がではありません。ハブがです。というのも、私はウナギが大好物なのです。このハブも、開いてタレつけたら、ウナギのような味がするのではないかと興味津々なのでござーます。だって、ウミヘビはウナギチック味がするっていうじゃないですか。

あ、そういや、ハブの天敵はマングースとかいうけど、実際はアレ、無理やり戦わせてるだけで自然界ではそんなめったに戦ったりしないって話をネーネー(店主)から聞き、なんだか興醒めしてしまった金曜の夜。

メンバーは邪慰安、キャット、来た打、私。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-22 17:06

シェルター

d0008777_21523832.jpg

 私の中学は昔、めちゃくちゃ荒れてたらしい。私の姉の代の頃は、クラスとクラスの間に、ポッカリ穴が開いていたらしい。だからクラスが違うといってもいつでも「ごきげんよう」と挨拶することができるし、教科書をわすれてもいつでも借りられる。通気性がよいので酸欠にならない。考えてみればなかなか機能的であっただろう。
 この経験からわれわれの先生方は、(犢橋をいい中学にする!)と必死であった。

さて、右端に写っている男、勉。中学2年の頃すでに上の学年もシメてしまい、3年の頭には周りの中学もシメ終わった時の彼の目標は、(犢橋を昔に戻す!)であった。先人たちの偉大な功績を目指していた彼は、日々悪行に励んでいた。先生方の顔を見れば(緊張感が足りない)といってはシバキあげ、無理やり緊張させたり、(一ヶ月に一回は皆で楽しめるイベントを)と指揮を執り、職員室で暴れたりしていた。止め役の私はたまったものではなかったが。そんな彼も、今は真面目な職人さん。正月以来、久々に一緒に飲んだ。 
※左に写っているのは岩井。こやつも元気いっぱい、職員室で暴れてました。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-19 21:52

ビトン


 ヴィトンだっつーの!!ぢゃなくて、バトン。栗栖さんからまわってきたので・・・。

  
                 
             

①今まで生きてた中で、いちばん腹が立った出来事(言われた言葉)は?

 日本人であることを誇りに持たない共産党チックな連中の言葉。いっぱいありすぎて分からない。

② 旦那さん奥さん、彼(彼女)に秘密にしてること、ありますか? あるなら何?

 いないから無い。

③ 老後の夢は何ですか?

 大物政治家としてのさばる。

④ 旦那さん奥さん、彼(彼女)と一緒にいてよかったなぁ~って思う時はいつ?

 彼女がいないので答えようが無い

⑤ あなたの両親はどんな人?

 父 せっかち 母 のんびり

⑥ これだけは譲れない、というものは?

  日本についての討論

⑦ いちばんの得意料理は何?

  鍋。テヌキだな・・。

⑧ 捨てるに捨てれないものはある? あれば何?

 いかがわしいビデオや雑誌。

⑨ 将来(老後?)、移住してみたい国があればどこ?

 強いて言えばジャマイカかな!?年中レゲエが聴けそうだから。

⑩もう一度中学生に戻れたとしたら、将来の夢は何にしますか?

  政治家。

⑪自分を動物に例えたら?
 
  あらゆる人に犬って言われる。そんなに似てるかね。

⑫危機一髪体験!!

  原チャリで2ケツしてて田んぼに落っこちたとき。(岩井のバカが運転。二人とも泥酔してた)

⑬ バトンを回してくれた栗栖さん

いつまでも私の面倒をみて果菜

⑭ 次にバトンを渡す3人を紹介。

うーん、西岡(ロバート)裕一人だけにします。
あとはやらなそうなんで・・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-19 19:24

岩井の娘

d0008777_0291146.jpg

岩井の長女、ユキナが幼稚園に入園した!なんだか早いなあ・・・。この前生まれたばっかりの気がするのに・・・・。

後ろに写っているのは次女のココロ。この姉妹、仲良く海苔を食べてる。どうゆうわけだか海苔が大好物みたい。あと、漬物とかタクワンもバクバク食べる。なんでそんなにシヴイものが好きなんだ・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-17 00:29

おやじ柔術練習会&鈴木社長セミナー&懇親会

この前三十路をむかえたカネタツ。だが、心の中は18のままである。しかし、人からはよく永遠の小学生だの、幼稚園児だの言いたい放題言われる。

今回の呑み会は30歳以上限定の呑み会。私は当初出るつもりはなかった。というのも、ネーミングが“おやじ柔術懇親会”だったからである。来る事になったいきさつは・・・・・


師匠:あー、金子!?親父柔術の呑み会があるからお前も来い!

私:えええ!いや、だってほら、自分この前30になったばかりですし、まだオヤヂぢゃないですからいいですよ・・・。

師匠:ああ!?てめーなんか、高校生くらいからみたらオヤヂだよ!!クソオヤヂだ!!!

私:ク、クソはいらないぢゃないですか!?

師匠:ぢゃあ、弱オヤヂだ!!来いよ!!

私:よ、弱もいらないぢゃないですか!!


という様な電話でのやりとりがあり、参加した今回の呑み会。アライブの鈴木社長やいろいろな方々と知り合いになれ、結果的にはとても有意義な呑み会であった。

でも、認めませんよ!?


私はまだまだオヤヂぢゃありません!!多分・・・・・・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-15 22:26

2階

d0008777_11351252.jpg

その送別会、私のお気に入りの沖縄料理、(ちゃんぷる)で行いました。人数も9人と多く集まったため、初めて2階を使わせてもらった。   そーとーいいですよ。
いい意味で、まるで家にいるような気分。それにしてもチャンプルにはまってんな、オレ。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-14 11:35

川住ちゃん

d0008777_11331151.jpg

の送別会をやった。留学するため、パレストラを退会することになった川住ちゃん。ニュージーランドに行っても、頑張ってネ。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-04-14 11:33