金虎竜の酒呑日記

<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新装開店

d0008777_047462.jpg

という訳で、ここが新たにオープンした、パレストラ千葉である。今までの道場の3~4倍は広い。そしてなんと、リングまで常設されているのだ!
 今入会すれば、キャンペーンで、あんな事、こんな事、そんな事までサービスされる。サービス内容が知りたければ、入会するがいい!
 一つ分かっているサービスは、カネタツと握手したり写真撮ったりすることもできるということだ!!
 さあ、みんな!後楽園遊園地で、僕と握手!!!

※真ん中で、えらそーに寝転がっている好青年は、自分の意思で、こんな事やっていません。師匠に命令されてこのような体勢でいるのです。自主的にこんな事やろうもんなら、おそらく三途の川の石を、皆様にお土産にもってこられるくらい、しばかれます。 合掌。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-29 00:47

いざさらば

d0008777_9232533.jpg

 パレストラ千葉が、本千葉駅前に移転します。なのでここ(弁天町)での練習は、今日が最後になります。
 数々の思い出と伝説を生んだ、パレストラ弁天。長い間、有り難うございました。
 と言うわけで、明日からは本千葉駅前での練習です。皆様、間違えないようにね。
※大黒と竹尾から遠くなるのは辛いし寂しいですね・・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-26 20:14

素敵な誕生日

d0008777_914458.jpg

 先週の金曜日、練習後に栗林さんの奥さんの誕生日パーティーを開催した。
といっても、当の本人はいない。そういう名目で、ただ単に呑み会を開いただけである。

栗林さん: お前の為に、みんなが誕生日パーティーを開いてくれるから、しっかり留守番しててくれ。

奥さん: はあ!?だって私いないのにパーティーやるの!?

栗林さん: うむ。

奥さん: はああ!?ありえないぢゃん、それ!

といった電話でのやりとりを終え、呑み会開始。主にプロレスの話で盛り上がり、1時くらいに解散。(おい、おまえら、どこらへんが誕生日パーティーだったんだ、コラ。)と、こっちが突っ込みたくなる。
 みんな帰ったあと、マスターのサービスで、大黒の店員の女の子2人、マスター、私の4人で呑んだ。あまり記憶が無いだけに、下品極まりないこと言ったり、やったりしてないか、不安である。
d0008777_9164242.jpg

[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-23 00:06

腕相撲

 
d0008777_14482975.jpg
昨日の昼練が終わったあと、上野で会社の呑み会。9時くらいにはお開きになってしまったので、私は千葉に帰った。わが家、パレ千葉に顔を出すと、既に練習は終了していたが、松根君、邪慰安、キャットなど、いつものメンバーがだべっていた。私は軽く酔っぱらっていたし、まだ呑み足りなかったので、皆を誘って呑みに行こうとしたのだが、丁重にお断りされた。
 仕方ないので一人で竹尾に呑みにいった。
 で、画像の左側の男、松潤。似てるから勝手にそう呼んでるんだけど、竹尾の店員のこの男、腕相撲が強い。
 この前、ベロベロに酔っている状態で対戦をしたとき、私は負けてしまった。この日そこまで酔っていなかったので、私はリベンジしてみたのだが・・・。
 この子、ホント強い。また負けた。ひつこいのが取り柄の私は、何度も挑戦したのだが、結局勝てなかった。腕相撲、結構自信があっただけに、ショックである。
 けど、この子も唯一勝てない男がいるらしい。誰かと思ったら、知り合いの相撲取りだってさ。
そりゃ、強いだろう。体重も違うだろうし。
 画像の右側のコ(名前忘れた)は、話してみたら、犢橋の後輩でした。そしてなんと、うちの道場の山本勇気とも知り合いでした。そんなわけで、久々に山本とも話した。電話だけど。
d0008777_14484992.jpg

で、その日来ていたお客さんと意気投合。3時半くらいまで呑み且つ歌い狂い、あげくこの女の方(名前忘れた)に結構オゴってもらえた。誰だか分からないけど、有り難うございました。
※朝、24時間1200円のパーキングで支払いしたら、1700円取られた。24時間経ってないのに。お金の問題じゃなくて、なんかムカツク。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-21 14:52

犢橋からの旅路

 
d0008777_14164010.jpg

 昨日はパレストラ東京に昼練にいった。強い人が多くて、非常にいい練習になった。
 
 ただ、遠いんですよ。本当に。電車に乗れてから1時間半くらい。・・その前に、最寄りの駅に行くまでが・・・・・。
 
 私の住んでいる犢橋という片田舎の最寄りの駅が稲毛、四街道、京成の勝田台、八千代台。何も知らない方が聞けば、「ええ!?最寄りの駅がそんなにあるんですか!?」と思うであろうが、そうではない。どの駅も、歩いていける距離ではない。要は、最寄りの駅などないのだ。
 唯一あるのはバス。ただし、1時間に一本というハイペースだけど。
 政府に隔離政策でもとられているのでしょうか。我が町、犢橋は。モノレールも引いてくれないし。

※画像は林さんと澤田さん。また稽古つけてください。
 
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-21 14:19

ワースト・カップ

先日、柔道のワールドカップを観た。結果は5位(男子)。三連覇ならず。
 
残念ですね。

 しかし外国人選手は組まないよなあ・・・。で、奇襲の技、あるいは掛け逃げ。すみ返しや巴投げのような、単なる引き込み。

 これ、国内でやれば相手の反則になると思うんだけど。

 でも確かに外国人選手のレベルも上がってきているのは事実。日本人と違って、手足の長さを生かした考えられないような技。若しくは桁外れの力技。特にロシア人選手などは、信じられないくらい力が強い。日本人がパワーで勝つのは無理。力の質が違うというか・・・。
  
 昔、私も講道館でロシア人選手と練習したことがある。でたらめなタイミングで片手背負いに入ってきたので、楽々堪えてたら、無理矢理持ち上げられた。言っておくが、相手は片手である。私はぶら下がるように必死に堪えていた。その瞬間。

  ビリビリビリビリ!!!!!!!!!!!!!!

 
 ウンコを漏らしたわけではない。道着が破られたのである。

 私はしばし呆然。「おい、お前は人間か、それともユンボか。」と私が言いかけた瞬間、

 「オウ、ゴメンナサーイ。カワリニ、コノ道着アゲマース。」

 と言い、そそくさと脱ぎだし、私に道着を渡してきた。しかし、そのロシア人は体重が100キロくらいあったので道着のサイズがまるで合わないし、汗まみれの道着を渡されても、非常に困る。
 ただ、いい人だったので、気持ちだけ受け取ってお断りしたのだが、とにかくパワーが桁外れであることは分かった。
 でもこういう選手って、出足払いとかの足技でポロっと倒せることがあるんだよね。やっぱり、日本人選手は器用さを生かしてもっと足から攻めたほうがいいだろうね。

 何だか偉そうなこと言ってるけど、私があの場に立ったら、1分も立ってられないだろうね。
 
 

 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-20 10:07

消去

 ブログを更新する為、デジカメの画像を整理しようとしたら・・。

 ない。何も画像が残っていない。全て消えている。金・土の呑み会の画像がすべて。

 いつ消えたんだろうか。酔っ払って消してしまったのだろうか。酔った時の私は別人格だし、何しでかすか分からないから、やりかねないといえばやりかねない。

 という訳で、今回は画像なし。

 ついでに記憶もなし。

 お酒って怖いね。デジカメの画像と、呑んだ時の記憶も消し去ってくださった。

 

 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-18 10:42

強者ども

d0008777_184925.jpg

水曜日、久々に松戸に練習に行った。いや、みんな強い。特に野川、佐々木、画像には写っていないが日野さんの三人は、とても青帯のレベルではない。早く紫、巻いてください。
 さて、画像に写っているメンバー、みんな耳が潰れている(分かるかな!?)。いわゆる”餃子耳”というヤツである。
 
 餃子耳の人なら分かると思うが、電車の中とかで、耳の潰れた人に遭遇すると、お互いなんだか意識してしまう事がある。
            
(やってますね!?)

(やってます。)
 
 と、アイコンタクトで会話もしちゃっていると思う。なんだかとても親近感が沸くものである。
 
 隣に小汚い親父が座っても、餃子耳だったりなんかすると、(あんた、昔やってましたね)と、心の中で呟き、それだけで尊敬しちゃったりする。
 
 うむ。こう考えると、餃子耳は言葉の要らないコミュニケーションを可能にしてくれるのかもしれない。この感覚を味わいたくば、是非皆さん、餃子耳にしてみてください。
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-14 01:09

月曜の朝に。

仕事が休みなので、だらしなく9時くらいに起きる。フト、テレビをつけると(たぶん4チャンネル)、アサイーの特集をやっていた。何だか知り合いがテレビに出ているようで、少し嬉しかった。このアサイーだんだんメジャーになってきましたね。いずれマンゴーの様に市民権を得るのは時間の問題かもしれない。
d0008777_13512435.jpg

[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-11 13:57

見る子と助手。

d0008777_13131691.jpg

 有機がC子様にコメツキバッタの如く頭を下げ、プライドのチケットを貰ってきてくれた。で、有機、池田ヒョードル、加藤君、私の4人で、さいたまスーパーアリーナに行って来た。
 今回のプライドは最高に面白かった!
 準決勝
ミルコvシウバ
 最初からミルコのペース。あげく、ハイキックで一蹴。ここまで実力差があるとは思わなんだ。

ジョシュvsノゲイラ
 この試合が一番面白かった。試合序盤、ジョシュのパンチでノゲイラがダウン。その後はノゲイラがグランドでマウントをとりまくっていたが、決定的なダメージをあたえることができず、逆に試合終了間際、ジョシュが膝十字でノゲイラを攻めて終了。判定はジョシュに上がったがどちらが勝ってもおかしくなかった。

 決勝
ミルコvsジョシュ
 ミルコ、強すぎ。パウンドでジョシュをパチポコ。圧勝で優勝。

この他にも良い試合がたくさんあった今回のプライド。地上波放送がないのが残念ですね。
 この後、加藤君と軽く呑んだ。ヒョードルは家が遠いから呑めなかったのは仕方ないが、有機は呑みに行こうと言い出した当人なのに、ひたすら根性がなくて情けないので、市川で降りてサッサと帰ってしまった。
d0008777_13393145.jpg

[PR]
by only.1.tatsuya | 2006-09-11 13:39