金虎竜の酒呑日記

<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

5才。

d0008777_22521957.jpg

地元の友人、岩井の長女・ユキナが29日で5才になった!去年までは絵本とかを買ってあげていたが、5才ともなればもう、そんな子供だましなモノなど欲しくはあるまい。
 かと言って、5才の女の子が欲しいモノなど私が分かるワケがない。私は前日、岩井の嫁 えが に電話し、何が欲しいか尋ねてみた。
 「ああ、そんな気を遣わなくていいのに。あ、でも買ってくれるなら、ラブandベリーのCDなんかがいいんぢゃないかな・・・。」

 「・・・。それはお前が買おうとしてるものを俺に買わせようとしてないか・・。」

 5才の子が自発的にCD聞くだろうか。そんな疑問もあったのだが、とりあえずトイザラスに買いに行った。初めて行ったのだが、かなりの広さである。この中から探すのは至難の業である。
 しばし探してみたが、やはり見つけることはできない。私は意を決して店員に聞くことにした。
 「あの、ラブandベリーのCDってありますか・・!?」
 はっきり言って超・赤面である。顔から血(火でもよい)が出そうである。

 店員さんも大変である。こんなごつい男が、こんな事を尋てくるワケである。私が店員だったら指さして爆笑してしまうであろう。何事もなかったように商品を手渡してくれた店員さん、貴方は立派だよ。

d0008777_22523981.jpg

 さて、誕生パーティーはさておき、岩井VS勉の腕相撲勝負。今年になり仕事を変え(力仕事になった)、腕力に自信を持った岩井が、

「今、相当パワーついたゼ」

「じゃあ、やってみるか」

「まあ絶対勝てるね」

という、負けず嫌いな二人は決着を付けることに。結果は右腕は勉。左腕は岩井。まあ、五分って事で・・。
d0008777_2253276.jpg

勉とサツキ姐さん。ホントにアディダーな二人。靴から何から身につけているモノほとんどアディダス。今度また新しいジャージ買うらしい
 ちなみに私は気付けばリバーサラー。着ているモノはほぼリバーサル。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-29 22:30

エム。

d0008777_2248457.jpg

土曜の夜。地元の友人・たんけん家で、たんけん、いとひ、松っちゃん、私で呑んだ。軽く呑んで、サッと解散するつもりであったが、意外に盛り上がり、飲み屋に繰り出すことに。
 十代、二十代の頃のように、酔って車に乗るような僕等ではもう、ない。全員、銀輪部隊と化し、犢橋の銀座通りこと、“千種通り”に向かう。
d0008777_2249439.jpg

 居酒屋・萌成樹(もえなるき)に到着で、乾杯。果てしなく卑猥で下品な話で盛り上がり、結局3次会に地元のスナック・エムに行くことに。
 そこでの出来事。私についたキャバ嬢が私を見るなり、

 「伊藤英明に似てるうー!」 ですって。

 なるほど、これは嬉しい。分かり切ったお世辞といえども、ここまで持ち上げられれば、有頂天にならない男などいないであろう。キャバクラにハマるアホな男どもの気持ちが少し分かるような気がした。
 気をよくした私(達)は結局朝までランデブー。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-28 23:50

浦島太郎

d0008777_22455642.jpg

d0008777_22464037.jpg

金曜の夜。柔道場の練習が終わり、喉が渇いて死にそうな私は、パレ千葉に呑み仲間を探しにいく。
 めでたく!?栗栖さん、根岸、キャットをなんとか居酒屋・大黒に連行し、呑み会開始。
 その後、ハカセも参加し(無理やりだけど)、大いに盛り上がる。
さて、大黒の次は、当然お決まりのコース、居酒屋・竹尾へハシゴ。その途中、竹尾の前にあるガキ大将ラーメンで宮脇さん、ヒゲ、佐瀬と遭遇。正直言ってこのあたりから記憶が定かでないのだが、どうやらこの後、栗栖さん、宮脇さん、ヒゲ、私で竹尾に行ったらしい。
 ふと気がつくと、私はファミレスに一人でいた。外は既に明るく、時計を見ると朝の10時。一体全体、何が起こったというのだろうか。
 あとで聞いた話だが、竹尾で朝4時くらいまで呑みまくり、その後、宮脇さん、ヒゲとファミレスに行ったらしい。そこでもビールを呑んでいた私は、ある瞬間、ガクッとうなだれ、そのまま爆睡し始めたらしい。
 朝の8時くらいに、いいかげん帰ろうと思った宮脇さんは、私を起こす為に、往復ビンタを何回となく、ブチかましてくれたらしいのだが、微動だにせず眠りこけていた為、やむをえず寝させたまま帰ったと言う事だった。
 そんな事情を知らない私は、半パニックである。竹尾にいると思っていたのが、突然ファミレスである。しかも、朝になっていて、周りの人は知らない人ばかり。正直、浦島太郎の気持ちが痛いほど分かった、土曜の朝であった。
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-27 23:47

帰郷

 私の行きつけの沖縄料理・チャンプルのネーネーが、諸事情から故郷の久米島に帰ってしまう。
 いずれは帰郷するつもりであったらしいが、こんなに早くなるとは本人も思っていなかったらしい。半年に一回くらいは千葉に帰ってくるとは言っていたけど、寂しいですね。
 ちなみに店は知り合いに手渡すので潰れることはないらしい。ただ、料理の味や店の雰囲気は変わってしまうのだろうけど。
 画像はネーネーとキャット、JP、私。
d0008777_16123087.jpg

[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-26 23:10

久しぶりの昼練習

d0008777_15313999.jpg

 「ども。久しぶりですねえ。」と川尻君。

 そうなのである。松戸の火曜・昼練習に来るのはなんだかんだで2ヶ月ぶりであろうか。

 “日曜出勤の代休、できれば火曜日でお願いします”

 そう上司に言っているのだが、ことごとく代休を火曜以外に入れられて、なかなか来ることができなかたのだ。
 久しぶりに川尻君とも練習できたけど、相変わらず激強であった。まあ、当たり前であるが。





 練習後。私と同じく、千葉から昼練習に来ていた 来た打 が、

 「金子さん、金子さん!一緒に飯でも食いませんか!?」と言ってきた。

 「ああ、いいよ。俺もハラペコだし」

 「あ、じゃあ、シャワー浴びたいんでちょっと待ってください」

私は彼がシャワーを浴びている間、控え室にある格通を見て時間をつぶしていた。約10分後くらいであろうか。シャワーを終えた来た打が、控え室に入ってきた。

 「金子さん、金子さん!!飯食いに行きませんか!?」

 「だからさっき行くって行っただろ!」

いったい、この男、さっき何を聞いていたのだろうか。鳥のように三歩歩いたら忘れてしまっているとしか思えない。

 「こ、この頃、モノ忘れが激しいんですよ。パンチドランカーなんですかね!?」

いやいや、貴方は修斗やる前からそんな感じでしたよ。ただ単に鳥頭というだけである。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-24 15:30

バースデイ

d0008777_1545157.jpg

 ちょっと更新遅れました。

で、話は次の日、18日。松戸で練習を終えた私は、ダルシム北出と一緒に電車に揺られ、千葉方面に帰っていた。
 外は相変わらずシトシトと雨が降っている。銀輪部隊の私たちとしては、本当にイヤな雨である。
 練習を終えた疲れた体で、雨に濡れながら帰らなければいけない怠さに耐えられそうもなかった我々は、(勝手に)栗栖さん家に泊まることと決定した。

 「あ、金子ですけど。今から一緒に呑みませんか!?」

 「はああ?昨日も一緒に朝まで呑んだのに・・!?まあ・・いいけど・・・。」

 「ついでに泊めてくれませんか??ダルシムと一緒に。」

 「はあああ!??急に・・!しかも二人も・・・!??」

 「ぢゃあ、今から行きますね!」

 とまあ、ぬらりひょん ばりの図々しさを発揮し、いざ本八幡の居酒屋・大安吉日で呑み会開始。結局朝5時まで呑み狂った。
 ちなみに日付がかわった19日、ダルシム北出の誕生日であった。私と同い年の彼は、32才の誕生日を迎えた。しかし若いね。その年には見えない。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-19 03:16

韓流。


d0008777_21423495.jpg
火曜日の柏柔術。なぜだかとても盛り上がる。とても活気があって良い雰囲気だ。
 そして盛り上がる事がもう一つ。練習後の飲みである。平日だというのになぜだか人も集まるし盛り上がるのだ。。
 一軒目は鶴屋さんが安達さんに紹介されたという韓国料理屋へいく。感想はと言うと、今まで食べた韓国料理の中で間違いなく一番旨かった。
 あと、この私の体質にあまりにも相性のいい酒。そう、マッコリである。ここのマッコリがまたべらぼうに旨く、いくらでもいけてしまう。
 ただ、あまりにも体質にあっているのか、残念なのは酔えない事。呑んでも呑んでもシラフのままだ。コレでは面白くないし、マッコリ代も高くついて仕方ないので、途中からいつもどおりビールに戻したが。

 ただ、チト納得行かない事が一つ。
 この店、野菜が食べ放題というなかなか気前のいいサービスを行っているのだが、私たちが怒濤の勢いでおかわりをしまくったら、
 「スミマセ-ン。野菜モウ、オワッチャイマシタ」
などと、あからさまに
 「お前ら注文しすぎ。このままじゃ赤字になるからもう出しません。」
という、心の中マル読みの言い訳を言ってきやがった。
 みんなで
 「嘘つけー!!」  「もう終わりな訳、ないだろが!」 などと不満を思いっきりぶちまけてた、その時。
 新しい客が入ってきたのだ。さあどうする。まさかあっちの席だけ野菜を出すわけじゃあるまいな。などと、みんな心の中で呟き、新たに入ってきた客のほうを穴が開くほど見つめて様子を伺った。
 結果。野菜出しませんでした。そりゃあれだけ見張られてたらあっても出せないわな。あの客にはなんて言い訳したのだろうが。
 「あのごつい連中が全部食べてしまいました。恨むならあの人たち恨んでね。」
などと言っていたかもしれない。
 
 何はともあれ、一次会はお開き。当然、当たり前だが二次会にいく。カラオケに行く予定だったが、今度は韓国居酒屋へ行く事に。といってもこの店、カラオケが付いていて安いので、ボックス行くならこっちの方がはるかにお特だ。
 そこでの出来事。いつもの様に私が先頭を切って さくら(独唱)を歌っていると、
「ねえ、似てるよね」
「似てる似てる」
などとボソボソとなりの客が言っている。そして歌い終えた私に向かって、その隣の客のおばちゃんが一言。
 「アンタ、井上康生に似てるよね」

うむ!これは嬉しい!!日本柔道界の神(と、勝手に私が思っているだけだが)に似てると言われて嬉しくないわけが無い。せっかくなので一緒に記念撮影しておいた。これも一応ファンサービス!??
 
 気を良くした私は結局、朝まで呑み且つ歌い狂ったのであった。
d0008777_21471634.jpg

[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-17 23:16

1年という月日

 というわけで、居酒屋・竹尾の一周年記念パーティーに行ってきた。飲み放題、食べ放題で無料、という考えられないサービスの良さである。
 今回一緒に呑みに行ったのは、柔道の後輩2人と大塩。大いに盛り上がり呑み且つ歌い、12時過ぎに解散。ここで大塩と別れ、我々はタクシーで柔道場の近くまで帰る。
 大変だったのはこれから。まだ酒の飲み方など分からない若いヤツにガバガバ飲ませるものではない。普段とても穏やかな人間なのだが、手に負えない野獣と化してしまった。
 「まだ呑みにいくぅー!」と暴れまくるのを何とかなだめ、家まで送り届けた。
 呑んで人に世話させてばかりの私が、もしかしたら初めて酔っぱらいの世話をしたかもしれない。
 うむ。これはなかなか大変である。こんな事を毎回やってくれる私の周りの人間の苦労が非常に分かった。
 まあ、かわいい後輩だから別にイヤでは無かったけども。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-14 13:27

大地のテーブル

 
d0008777_21291717.jpg

16号沿いにある、“大地のテーブル”。柔道場の後輩が勤めているこの店、1600円で食べ放題、プラス1000円で飲み放題というお店。日曜日の夕方、地元の仲間と呑み且つ食べに行った。
 画像は後輩の滝口。こう見えても彼女はインターハイに行ってます。努力したもんね。





d0008777_213356.jpg

そこでの出来事。私の地元の仲間・勉が、苦しそうに頻繁にシャックリをし始めた。
「シャックリが止まらない。」
というと、かみさん・サツキ姐さんが
「豆腐は何からできてるの!?」
と言った。いったいどういう話のつながりなんだろうか。
当然、勉は、「大豆」と、まあごく当たり前に答えた。と、次の瞬間。
「あ、ヤッパリ治まった。」
だって。
全く??な会話だが、何でかはわからないけど、シャックリが治まる治療法のようなのだ。
信じられないような話だが、私自身の目の前で起きたホントの出来事である。

-豆腐は何からできてるの!?-
-大豆-

今度シャックリが起きたら、コレを試してみてはいかが!?
※画像は大地のテーブルの店長と勉と私。店長、無理矢理写真に引きずり込んでごめんなさい。滝口をヨロシクお願いします。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-09 21:48

プリティ

d0008777_2157571.jpg
土曜、栗栖さん家に泊まったとき、近所で見つけた。長島さんに似てるってだけで、あんたに市川市を任せようって考える人はなかなかいないと思うのだが。
 でも一応、後援会があるらしいけど。失礼だけど、思わず笑ってしまった。
 
 ガンバレ、プリティ。応援しないけど。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-04-09 20:54