金虎竜の酒呑日記

<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

犢橋の夏祭り

d0008777_2112640.jpg

毎年、7月の最終土日に行われる我が地元・犢橋のお祭り。地元のいつも会っているメンバーだけじゃなしに、先輩後輩同級生などに会えちゃったりと、軽い同窓会状態にもなる。まあ、小さな町だからね。この点は良いところなのであろう。
 イヤな点と言えば、噂の広まり方が尋常でないこと。仮に悪事を働こうものなら、千里どころか、万里、億里まで広まる。ご丁寧に、尾ひれ羽ひれまでついて。その点だけは非常に厄介であるのだが。


d0008777_2114535.jpg


祭りの後は、居酒屋・美響(みおと)で二次会。画像はイトヒと岩井。この二人、顔立ちがよく似ている。あげく、今、二人とも同じようなヒゲの生やし方しているからよけいである。
 ちなみに左がイトヒ。右が岩井。です。区別つくかな!?
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-28 21:01

ダルシムパーティー

d0008777_12374166.jpg

先日行われた、全日本柔術選手権の茶帯ガロ級で、見事優勝を果たしたダルシム北出。水曜の松戸の練習後、彼の祝勝会を、居酒屋ごんべえで開催。
 今回の呑み会は、トクマや松村なども参加してくれた。しかしトクマは相変わらず私に懐かないなぁ・・・。ナゼ!?画像でも、遠くを見つめてるし。
 本人曰く、人見知りが激しいとのこと。アナタ、何回私と会ってるのヨ。

d0008777_12395278.jpg


その後、韓国居酒屋・よんよん で二次会。酔っぱらった私は、そこに来ていたお客さんとなぜだか政治論争したらしい。全く覚えてないが、相当ケンケンゴウゴウだったみたいである。
 いつもあとから聞く話だが、私が酔った時は、相手に対して、決めつけ、ごり押し、頭ごなし と、自分がやられたらとてもはた迷惑な三拍子そろいずみらしい。言われた方はたまったものではなかったろう。
 というわけで、あの晩政治論争に巻き込まれた方々、まことに申し訳ありませんでした。
 これも愛国心ある故なんです。許してやってください。

d0008777_12405291.jpg


全日本紫帯ガロ級準優勝者のオカッチ。彼は私と違い、冷静に討論していた(らしい)。
 こう考えると、酔ったときと試合の時、案外同じような人間性が出るのではないかと思う。
 オカッチは理詰めの冷静な討論、あるいは試合運び。私は思考停止状態のごり押し討論、あるいはバカヂカラに頼った、ごり押し試合。
 人間、ギリギリになると、本性が出るのだろうか。まあ、ギリギリになるまで呑むな!という話だが。

d0008777_12411038.jpg

 政治等には全く興味ないダルシム北出のとても迷惑そうな顔。

 ごめん、ダルシム。そして、全日本優勝おめでとう!!

 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-28 12:40

将ジュニア。

d0008777_12354012.jpg

金沢“ジャイアン”将の家に招かれ、呑み会。画像は将ジュニア。目が奥さん、あとは将にソックリだね。
d0008777_12355586.jpg

早速私も抱いてみました。

ウーン・・。 硬いなぁ・・。顔も思いっきりこわばってるし。どうにも赤ちゃん抱くのは緊張するね。

何だか壊れてしまいそうで。

慣れるには、自分の子供をこさえて育てないかぎり無理そうだね。



まあ、恋人もいない今の現状からすると、遠い花火な話だが。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-28 12:38

イツモノ、メンバー。

d0008777_12341233.jpg


居酒屋・竹尾のいつものメンバー。

時間帯にして11:00くらいからのこのメンバー、みんなひとり酒でこの店に来ていた。

そのうち、いつも顔をあわせるということから、次第に仲良くなり、今では立派な呑み友達。

昔は一人酒なんてゼッタイやらなかったんだけどね。今ではそれはそれで良し、である。


まあ、結局こういう仲間ができて、一人酒ではなくなったけど。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-22 01:32

リニューアルオープン

d0008777_12275155.jpg


 諸事情があり、1ヶ月半店を閉めていた居酒屋・竹尾がリニューアルオープンした。内装は前とそれほど変わらず。ほっとしましたね。
 ところで、この日のお客さんで、モーレツに酔っぱらっている人がいた。話すことは支離滅裂、歌を歌えば歌詞はめちゃくちゃ、音程はずれまくり、トイレに行けば小水まき散らし。ご飯を食べればこぼしまくり。

 (まったく、みっともないな。)

なんて思って、ふと気がついたことが。

 オレ・・・

 酔ったらこんなもんじゃないんだよな・・。

 私の酔ったときのことを考えたら、この日の酔っぱらいさんなんか、全然マシである。


 しかし人の酔っぱらってる姿って、ホント滑稽だね。ましてや私の酔っぱらってる姿なんて、奇人変人以外の何者でもないだろうね。
 


 少しは酒を控えるかななんて、人の振り見て我が振り直そうと少し思った月曜の夜。


・・・・たぶん無理だろうがね・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-17 12:30

無念

d0008777_1940339.jpg

 15日の日曜日に行われた、柔術の全日本選手権に出場した。紫帯レービィ(73キロ以下)級で、結果は残念ながら三位。今回は優勝を狙っていたのだが・・。
 一回戦の土肥選手、2回戦の鈴木選手ともにギリギリの判定でなんとか勝ち、準決勝へ。
 相手は一ヶ月前のデラヒーバカップでも対戦している若林選手。この時は1アドバン差で何とか勝っている。相手としたら、リベンジに燃え、死ぬ気でくるだろう。だが、それはこっちも同じ。全日本という権威のある大会だけに、絶対に負けられない勝負である。
 試合はお互い立ち勝負。しかしこっちの技は全て読まれているし、私も向こうの技は計算済みである。実は若林選手とは青帯時代から数えて今回で4回目の対戦。パレストラ東京の昼練習でも手を合わせているし、お互いの技など知り尽くしている。当然膠着状態が続く。
 注意がお互い2回ずつくる。しかしやはり三度降着。残り一分を切ったときであろうか。審判が試合を止めた。また注意がくるのだろうかと思ったのだが、判定はなんと、両者反則負け・・。
 確かにお互いこれといった動きはなかったが、残り一分切っていてこの判定は悲しい。せめて最後まで戦わせて欲しかった・・。
 準決勝が始まる前、逆ブロックから勝ち上がってきていたパレストラ上越代表の梨本くんと、“お互い決勝戦で会おう”と拳を合わせて約束したというのに、こんな結果になってしまった。本当に申し訳ないし、無念である。 
 レービィ級の結果は、私と若林選手が両者失格になったため、逆ブロックの準決勝がそのまま決勝戦ということになり、見事梨本くんが勝利を収め、優勝。
 画像は左から私、優勝の梨本くん、準優勝の貞廣選手。
 





d0008777_1940201.jpg

 一ヶ月前の試合で対戦したフェルナンド酒井選手。見事紫帯・メイオペサード(85キロ以下)級で優勝していた。







d0008777_19404051.jpg

 さて、試合の結果が勝とうと負けようと、ビールが旨いことには変わらない。西船橋の魚民で乾杯。
 既に1次会から記憶がないんですけど。
 大丈夫だろうか。脱いだりして出入り禁止になっていないことだけを祈るのみである。
 








d0008777_19412512.jpg

 そして千葉に帰り、大塩の家で2次会。スターウォーズのライトセーバーで試合開始!?






d0008777_19415865.jpg

 ダースベーダーの覆面まである。マニアだな、大塩。
 呑み会の方は結局朝までランデブー。ワンパターンで悪いのだが、呑み会の時何を話したかなど、全く記憶にない。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-16 19:49

通販。

d0008777_15481017.jpg


 おそらく通販は人生で初である。買ってしまった。日本直販の、布団圧縮袋。
 押入の布団がかさばり、とっても困っていたときに、ドンピシャでテレビのCMが流れていたので、思わず衝動買い。
 まだ使ってないけど、おそらくこれで、押し入れのスペースが相当確保されると思われる。

 一緒に同封されてた通販のカタログを見て思ったのが、なかなか便利そうなものがいっぱいあるのね。ずっと見ているといろいろなものが欲しくなる。通販にハマる連中の気持ちが少し分かった気がした。
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-12 15:48

久々に。

d0008777_14584448.jpg

 日曜の夜、久々に地元の悪友・岩井の家で呑み。



 
d0008777_15203490.jpg

d0008777_15202233.jpg

 長女・ユキナ、次女ココロの二人は、スティッチのお面がとってもお気に入り。
 それにしても子供って、遊んであげると永久に遊ばされるね。高い高いなんかしちゃったら最後。腕がしびれて上がらなくなるまでやらされる。ヘタに筋トレするより疲れるね。
 
 
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-12 15:06

長浜ラーメン福福


d0008777_13535176.jpg
 金曜の夜。鶴屋さんのお誘いで、松戸で呑み会。メンバーは鶴屋さん、川田さん、小此木さん、私。
 居酒屋で呑んだ後(鶴屋さんのおごり。ありがとうございました)、川田さん家で二次会。ここでも川田さんにつまみやビールをおごってもらい、そのあげく、川田さん家で気付けばお泊まり。・・・我ながら、なんて図々しい後輩なのだろうか。

上杉謙信は、自分は毘沙門天の生まれ変わりだ、と言っていたが、私はもしかしたら、妖怪・ぬらりひょん(図々しい妖怪)の生まれ変わりなのかもしれない。

鶴屋さん、川田さん、本当にありがとうございました。

※画像は土曜の昼に松戸にある長浜ラーメン福福で食べたこってり豚骨ラーメン。ここのラーメン、豚骨のなかではトップクラス。でも、群馬・高崎にあるダルマ大使には僅かに及ばないかな・・。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-08 13:45

陶器ビール

d0008777_1954348.jpg

「船橋に氷のように冷たいビールが飲めるところがあるんですよ。行きませんか!?」
 
 来た打にそう言われ、船橋駅前のワンという居酒屋でみんなで呑み会。ここのビールは、ホントに氷の様に冷たい陶器ジョッキが特徴。
 グラスジョッキの方が旨いのでは・・。と疑ってかかったが、この陶器ビール、とてもよく冷えていて美味しく呑むことができた。

 さて、17時からはじめたこの呑み会、21時過ぎには解散。私は京成の最寄り駅である勝田台に向かうため、京成船橋から乗ることに。ここでとても不思議な出来事が。

 私は、電車の中でつい寝てしまい、ふと気がつくと、そこは宗吾霊堂という駅であった。

 「ああ、寝過ごしちゃった。まあいいか、引き返せば済むことだし。」

そう思って電車を降りて、上り方向のホームに向かい、ふと時間を見ると、なんと既に23時30分近く。
 そして既に終電は終了・・。

 京成線を利用している方なら解ると思うが、船橋から宗吾霊堂まで、2時間は絶対にかからない。おそらく40分もあれば行けるくらいの駅である。
 寝ていたとはいえ、なぜ2時間もかけてこの駅についたのか・・。仮に成田まで行ったとして、ターンしていたと考えても、時間が合わない。そもそも乗っていた電車は成田方面に去っていったのだし・・。
 キツネにつままれるとはこういう事なのだろうか。未だに解明できていない。

※結局タクシーで家まで帰った。料金は7000円と、思ったよりいかなかった。深夜で道がすいてたからなのだろうか。
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-07-03 19:54