金虎竜の酒呑日記

<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ワカ・若山

d0008777_1861690.jpg

 -柔術の修行しにブラジルにいってきます-

そう言い残して、パレ千葉を去っていった若山。4年ぶりくらいであろうか。道場に顔を出した。
柔術が強くなったのはさておき、なぜか顔色が悪くなっている。4年の間に、彼の身に何があったのだろうか。
 
 このワカ若山、1ヶ月後にはまたブラジルに帰るそうだ。今度会うとき、彼の顔色はどうなってしまうのだろうか。でも、がんばれよ、ワカ若山。
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-30 21:58

そんなの関係ねえ。

d0008777_2155223.jpg

 火曜の夜。松戸での昼練を終えた後、カルロ、将と稲毛で待ち合わせて、呑み会。
 そういや、この呑み会で話題になったのだが、あの“そんなの関係ねえ!”の小島よしお。あの人、実は沖縄料理・チャンプルのネーネーの息子さんだったのだ。
 前にチャンプルにいったとき、息子がお笑い芸人やっているとは聞いてて、プロフィールとかは知っていた。
小島よしおのプロフィールが、沖縄県出身で稲毛高校、早稲田大学と、やけに重なるので、ネーネーに電話して確認してみたら、次男であるとのこと。
 いや、世間って狭いものである。

※画像は稲毛で。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-29 21:05

金曜の練習後。

d0008777_2143892.jpg

 道場の近くの大吉に呑みに行った。メンバーは、鶴屋さん、将、赤根君、荒井さん、私。
 荒井さん、今度サーフィンに連れてってくださいね。

d0008777_2145551.jpg

 吉田ユウジじゃありません(パレ千葉ネタでスミマセン)。
 千葉の街中にあった、チキンをパンで包んで食べる料理。何料理かは忘れたが、なかなか旨かった。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-24 23:02

親。

d0008777_2181363.jpg

d0008777_21103778.jpg

 この日は地元の仲間、たんけん、イトヒ、私で呑み会。画像はイトヒと娘のヒトミ。画像でも分かると思うが、娘を見るイトヒの目。なんて慈愛に満ちた目なのだろうか。このジャイアン男のこんな優しい顔を見られるとは、過去では考えられなかった。この男が昔、あんな事、こんな事、そんな事までしてたなんて、考えられない顔つきである。
 まあこれは地元で親になってる連中全てに言えることだけども。みんな丸くなる。不思議と体も丸くなるが。

※私があまり肥らないのは、自転車独身生活であるからなのかもしれない。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-22 21:10

蓮沼

d0008777_16182448.jpg

 今回の仕切である、来た打の段取りが信じられないくらい悪かったのだが、何とか蓮沼海岸に到着。

 さて、そこの海の家での出来事。

 「お兄さん達、スゴイカラダしてるね!!お金半額で良いよ!!」
普通、ここの海の家のショバ代は1000円かかるのだが、“良い体してる”というだけで、500円でいいのだという。
 体を鍛えていてよかった。たまには良いことあるものである。特に、来た打、アラキック、キャットの体は異常だからね。海岸でも目立ちまくっていた。
d0008777_16184219.jpg
d0008777_1619224.jpg

 砂浜で爆睡する来た打を必死こいて“勃起している男”に仕立てようとする僕等。

 うむ。やることは中学生レベルですな。


d0008777_16191760.jpg


 九十九里限定のオリジナルビール。ちょっとクセがあるが、なかなか旨かった。

d0008777_16195258.jpg

帰りの横芝駅にて。ここ、スイカ使えないのね。画像は駅員相手に苦戦する有機。
d0008777_16223247.jpg

池田ヒョードル。この男、駅のクソ暑いベンチで爆睡。帰りの電車(特急で帰った)でも爆睡。駅員さんが特急券の提示を求めるも、爆睡して起きず。やっと起きたと思ったら、特急券をなくしていた。あげく、千葉に着いたとたん、寝ぼけて隣の人の荷物を持ち去ろうとして、大怒られ。たのむよ、ヒョードル。もう。
d0008777_16201224.jpg

 そのまま船橋に流れて呑み会(ヒョードルは危険なので帰した)。その後、カラオケに行ったあたりまでは覚えているのだが・・。

d0008777_16202856.jpg

 気がつくと、私は電車の中にいた。時間は午前1時過ぎ。
 「あれ、何で俺はこんな所にいるんだ!?というより、ここはどこだ!?船・・船橋!?」 

 違うらしい。船の後には橋がない。そして、船の前には大の文字が。船は船でも、大船である。
 -船橋・大船-

 似たような名前だが全然違う。船橋から見たら、東京湾を挟んで向こう側である。つまり神奈川県だ。

 どうやらまたしても乗り過ごしたようである。しかも、千葉方面に向かったのに大船ということは、いったん下った電車が再び上りに切り替わったあげくの、終点である。どこまで乗り過ごせば気が済むんだ、という話だ。
 仕方なく大船の漫画喫茶で泊まり、朝になってから帰った。画像は朝の7時、大船駅にて。
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-19 16:20

おぼんぼん。

d0008777_16173287.jpg

 この日は岩井、勉、スエオと呑んだ。岩井は、嫁をほっぽらかして呑み会に来ていたが、嫁が(おっ母、大怒り)状態になってしまったので、しっぽを巻いて、さっさと帰った。
 スエオは、ブログに載るのが恥ずかしいと言うことで、写ってない。

 というわけで、勉と私のツーショット。ところで、この勉、実に運がいい。そして非常に頑丈である。
 
 中学の時は族の集会ではぐれたしまったので、高速道路で140キロ超ですっ飛ばして地元に帰る途中、見事に転倒したものの、無傷。

 19の時は、単車に乗って信号無視したところ、ものの見事にトラックにハネ飛ばされたものの足を骨折したぐらいで、1ヶ月入院したくらいで退院。院長には、(開院以来、最強の快復力)とまで言わせしめた。

 まだまだ色々あるのだが、数え上げればキリがないので割愛するが、とにかく異常な人生である。フツウの人間なら、3~4回はあの世に旅しに行っているハズである。なんて頑丈な男なのだろうか。

 その割にはこの男は、たまに、「俺は何だか早死にしそうな気がするなあ・・。」などほざくのである。

大丈夫。保証する。お前は頭を割ったって生きているタイプだよ。

 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-16 21:36

国、靖かれ

d0008777_19305715.jpg


 出撃に際して
 
 懐かしの町 懐かしの人 今吾れ全てを捨てて 国家の安危に赴かんとす

 悠久の大儀に生きんとし 今吾れここに突撃を開始す

 魂魄 国に帰り 身は桜花の如く散らんも 悠久に護国の鬼と化さん

 いざさらば われは栄えある山桜 母の御もとに帰り咲きなむ

                  第一神風桜花特別攻撃隊 神雷部隊桜花隊 緒方 襄


 この詩は、母にむけて作った詩だそうです。

 誰も好きで戦場に死にには行きません。家族のため、恋人のため、そして未来に生きる我々の為に散華していったのです。勇気ある英霊の方々に感謝します。

※画像は遊就館前にて。




                         
  
 
 
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-14 19:30

ゴルゴ13

d0008777_20395285.jpg


 -休日に太陽を浴びる男の図-

 何かの景品で、ゴルゴ13フィギア・シリーズの中の一つにあった。


 カッコイイ!早速、俺もまねしてみよう!!


 というわけで、当務開けの日に幕張の浜ヘ自転車で向かい、


 -休日に太陽を浴びるカネタツの図-


 を、実践してみた。スバラシイ!気分はまさにゴルゴ13!?

 画像は幕張の浜にある防波堤から。平日の昼間に行くと人もあまりいないから、ほとんどプライベート・ビーチ状態。ある意味、贅沢ですな。

※こんな事を休日にやってばかりいるので、いい感じに日焼けしてます、金子(竜)。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-10 13:39

新サンマ。

d0008777_20352678.jpg

 この日は練習後、大黒で一人酒。
 
 画像は大黒のメニュー、新サンマの刺身。これ、そうとう旨いですよ!

 サンマの肝、酒、生姜を混ぜた特製の醤油につけていただきます。

 感想としては、

 「サンマの旨みが最大限まで引き出されてる!まるでサンマの大群が口の中で泳いでいるみたいだぁ!!(美味しんぼ風に)」

 て、感じです。

 何言ってんだか、よくわかんねえよ、オメエ。って言う人に分かりやすく平たく説明すれば、とにかく、めちゃくちゃ旨い!って事です。

 みなさま、大黒に行ったときは是非試してみてくださいね。

 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-10 00:49

ネルソン家で。

d0008777_20344154.jpg

 いや、このごろまずいね。呑みに行くとかなりの確率で朝まで呑んでしまう。

 今回は竹尾で呑んでいたのだが、大ちゃん、ネルソン、私で、朝4時くらいから異様に盛り上がってしまい、竹尾の2階にあるネルソン家で2次会開始。そこでも瞬く間にビールが無くなってしまったため、ファミレスに繰り出し3次会。
 朝の8時半くらいだろうか、ネルソンに悪魔の電話(詳しくは言えませんので割愛します)がかかってきて、仕方なく解散したが、もし電話がかかってこなければ、いったい何時になったのか分かったものではない
  
 ※画像はネルソン宅で。しかしこの頃、猛暑だね。この日も朝8時半過ぎに家に帰るまでに焦げるのではないか、ってくらい日差しが強烈だった。夏好きな私は嬉しいかぎりだけれども。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2007-08-09 04:14