金虎竜の酒呑日記

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

どりーむ。

d0008777_21434211.jpg

C子様のオチカラで、ドリーム2に行ってきた!!

どの試合も白熱したいい勝負だった。と思うよ。

なにせ、観戦中ビール呑みまくって酔っぱらっちゃったから、よくは覚えてないけど。



d0008777_2144863.jpg

 そして、その後は上野にて呑み会。私は皆に声かけたというのに、

 「アシタ、シゴトガアルノデ、カエリマス」

 などと、解読不能の呪文を唱えてバックレやがった。なんて根性のない人たちなんだ。

 画像は明日仕事であっても呑み会に参戦した勇者達と。

※この日は大内先生のオゴリでした。大内さん、ホント有り難う御座います!また数学のオモシロイ話、聞かせてください。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-29 21:29

第9回全日本柔術選手権

d0008777_19305327.jpg

紫帯アブソルート(無差別)級に、出場。

結果は、準優勝です。

決勝含め、全5試合。いやマジ疲れました。

特に、準決・決勝。

ともに100㎏越のブラジリアン。デカイは、重いは、力は強いは、ソートー大変な思いをしました。

と、言うわけで、今日は疲れてますので、詳しいことは後日付け足します。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-28 19:37

ミチコ

d0008777_19475566.jpg

 これまた12日の話なのだが。

 ダルシムとの呑み終了後、岩井の高校時代の友人・ミチコ宅の新築パーティーに参加。

 ミチコといったって、別に女友達ではない。レッキとした男である。本名はマサノブという、リッパな名前もちゃんとある。要するにアダ名である。
 では、なぜこんなアダ名が付いたのか。話は高校入学当時まで遡ることになる。




 -MICHIKO・LONDON-




 いつもである。高校も入学して1月以上経つのだが、岩井の目には常にこの文字が目に入ってくる。

 今日はトレーナー。

 明くる日はパーカー。

 そのまた明くる日はシャツ。

 とまあ、当時、後ろの席を座っていた岩井にとっては、イヤガラセとしか思えないくらいレパートリー豊富なミチコロンドンな日々を送らされていた。

 ある日、岩井は親しくなり始めたパパや松山君達と談笑しているとき、ふと、この不思議な男の話題になった。

 「あのさあ。あの俺の前に座ってる・・」

 「あー!あのミチコロンドン着てるヤツね。」

 「つか、いつもミチコロンドンぢゃね!?」

 「それもありとあらゆるレパートリーがあるぞ」

 後ろに座っていた岩井だけではなかったのだ。クラスの誰も彼もが、この男のあまりにもミチコロンドンっぷりに興味津々であったのだ。

 (あのミチコロンドンのヤツ)→(ミチコ)

 本名もまだよく知らないこの時期である。いずれ彼らの中ではその様に呼ぶようになり、定着していったのであった。

 後に岩井軍団と親しくなっていくのだが、その時になって本名で呼んでくれと言ったって、もう手遅れである。そりゃアダ名がミチコなんてイヤなのは分かるが、今更マサノブとは誰も呼んでくれまい。見栄を張ってミチコロンドンばかり着ているからこういう事になるのである。



 「おい、ミチコ!」


 今でも彼はそう呼ばれる。三十路も越えた年だというのに。高校入学当時の過ち!?が、今になっても許されずに。

※ちなみに画像の髭をタップリたくわえた男がミチコ。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-12 23:47

当たり前の事

d0008777_19213815.jpg

 はい。更新が遅れました。話は12日の土曜日。柔術研究会の練習後、私とダルシム、タナチューでファミレス昼飯。

 私とダルシムはモチロン、生ビールを注文。それがいけなかった。止まらない。

 おそらく危険を感じたのだろう。タナチューは昼メシをたいらげると、サッサと帰ってしまった。

 それが正解だ。利口な男である。

 良い気持ちになった私とダルシムは、ファミレスを出て、昼間っから居酒屋探し。

 しかし、いっくら探そうともどこもやってない。当たり前である。そもそも昼間から居酒屋行こうとする魂胆がどうかしてるんだ。

 ※画像は仕方なく!?24時間営業の居酒屋・一源で二次会開始したときのモノ。クルッテルネ、ボクラ。

  

 

 
 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-12 17:20

川越

d0008777_19453951.jpg
d0008777_19455834.jpg

 パレ東の昼練後、パレストラ川越へデゲイコ・オケイコ・二部練習。

 昼練で使った、汗まみれのカネタツ臭タップリ道着だというのに、稽古に付き合っていただいた澤田さんと川越の皆様、ホント有り難う御座いました。



 帰路。私は夕飯がてらに、缶ビールを呑みつつ電車に乗っていた。2部練の疲れに酒の回りが早いのか、私はウトウトと半分寝かけていた。

 と、その時。電車の揺れで私の体は一気に傾き、横に座っていた偉そうなオジサンの横顔(詳しくは顎あたり)に、ヘッド・バッド・ジャストミート。

 「あ、痛!」

 偉そうなオジサン、顎を押さえて、ナントモ痛そうな、迷惑そうな顔して私を見てきた。

 「嗚呼、ご免なさい!!」

 モチロン、私は即座に謝ったのだが、ここからがいけない。

 私の悪い癖。そのオジサンの迷惑そうな顔がツボにハマってしまい、思わず吹き出してしまいそうになる。

 顔を背けたモノの、体が震えてしょうがない。寒くて震えているワケではない。笑いが止まらないのである。

 失礼な話である。ヒトの顔にヘッド・バッドをかましたあげく、その顔見て笑うわけだから。

 けど皆様、何かこういう経験ありませんか!?一方的にこっちが悪いんだけど、何だか笑いが止まらないって事。

 ※気まずくなった私は、次の駅で違う車両に乗り換えた。稲毛に着くまで、思い出し笑いを押し殺してニヤニヤしていた私は、端から見たら確実に挙動不審だったろうね。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-09 22:15

桜満開。

d0008777_19462774.jpg


まったく。

どいつもこいつも。


(4月5日(土)、朝10時からお花見開始。ヨロピクメカドッグ!)

そうメールしたはずである。

私は朝から、千葉公園に繰り出し、ブルーシートを敷いて陣取っていたのだが・・・。


一番早く来た越川が12時半。あとの連中は皆、14時過ぎ・・。



だからよ・・。朝の10時に集合だって言ったぢゃないのよ!朝早くから陣取ってた私は何だったのだ!カンベンしてYO!!来年からは絶対午後集合にするよ。ホントもう。



さてさて、なんだかんだで盛り上がった、お花見。モチロン、夕方からは大黒で二次会。さっそくだが、そのあたりから記憶が曖昧である。
 ダルシム北出が、勝村さんとリバーサル道場の仲間が開催するという、“北出君を囲む会”というモノに参加するために東京ヘ向かった事と、そのダルシムと入れ違いでハカセや赤根氏、C子達が来たまでは何となく覚えているのだが、その後からの記憶がはっきりしない。思い出せない。

というより、全くないと言った方がいい。


あらかじめ謝っておく。おそらくロクな事してないだろう。ゴメンナサイ、ミナサマ。


※毎回思うんだけど、何でお酒の呑むと記憶がなくなるんだろうね。フシギ。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-07 20:10

男・32にして

そうです。

この私、本日をもって 32才 になってしまいました。

一般的に32才といえば、女房に尻に敷かれ、子供に手を焼き、幸せに暮らしているのがフツーなのでしょうが、一向にその気配がありません。

まあ、全く気にしてませんがね。


d0008777_2072323.jpg


ちなみにコレ、30年前の私です。古家の整理をしてたら出てきました。この時、齢2才。なぜか眉毛がありませんが、タレ目なのは変わってないね。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2008-04-01 20:11