金虎竜の酒呑日記

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

帯叩き。

先週のD練習後、練習仲間に行っていただきました。

実は帯叩きされるのはこれが初めてです。

青、紫、茶帯の、それぞれの昇格時に、帯叩きしそうな日を直感で読み、ことごとく逃げまくっていたからです。


黒帯になり、ついに逃げられない状況に・・。

d0008777_19192280.jpg

「さあ、帯叩き始めましょうか!」と言う大輔と、怯えきっている情けないカネタツ。

d0008777_19210100.jpg

大輔が先陣を切って帯叩き開始!マジ痛い!!

この日は大輔、校長、中塚君、博明、神ちゃん、久力さん、24君のメンバーだが、とりあえず一人ずつ往復でボコられる。


d0008777_19251828.jpg

最後の一人にフルスイングされ、痛みのあまり、へたり込む。

これで終わりだ・・。と油断した瞬間。


d0008777_19271942.jpg

油断して無防備な私に笑いながら追い討ちをかける仲間たち。非道い!!



d0008777_19282188.jpg

無限に振り注ぐ帯をかいくぐり、何とか逃げおおせた。

ちなみに、この私、逃げ足は相当自信があります。

なにせ小学生時代、悪戯しては親、先生、近所のオジサン・オバサンからドヤされ、そのだび逃げまくってましたから。

幼少体験というのはやはり大切なものである。人間何が役に立つか分かりませんな。


d0008777_1933131.jpg

なにはともあれ、みんな、有難うございます!!

「これを最後にもう、帯叩きやめようぜ。痛いし危ない」

「そうだな、これで終わりにしよう」

帯叩き後、こんなとんでもない会話をしやがった24君と中塚君。こやつら・・・。




まあ、安心するがいい。決してそうはさせない。そんなオイシイ理屈は通さない。

君等が昇格する際には3倍返しで叩かしていただきます!



※この日のお風呂は勿論めちゃくちゃ痛く、入れたもんじゃなかった。
[PR]
by only.1.tatsuya | 2010-09-22 19:39

黒 帯。

d0008777_20583015.jpg

私、金子竜也は、本日をもって黒帯に昇格しました。


先日のアジア選手権準優勝が評価されたようです。

茶帯取得時に、
「1年で黒帯になる!」

と豪語してましたが、結局2年4ヶ月、2倍以上の年月がかかりました。

嬉しいのは勿論ですが、黒帯の責任・重圧をひしひしと感じております。


指導をしていただいた中井先生を始め、今まで練習に付き合って下さった皆様に本当に感謝です。


しかし、これからが柔術選手としての本当のスタートになると思っております。

必死に精進していきますので、皆様、これからも宜しくお願い致します。


 
[PR]
by only.1.tatsuya | 2010-09-15 21:05

柔術アジア選手権

d0008777_9575360.jpg

11日、12日と行われた柔術アジア選手権。

私は初日の11日のカテゴリー。茶帯レービ(73キロ以下)級は17時10分開始。

朝一番で試合するのも嫌なものがあるが、こうも遅い時間から試合というのも辛いものがある。

初戦はD(大輔)練で一緒に練習している、エクストリーム柔術の校長(奥田君)。

ライバルであるが仲の良い仲間でもあるので正直やり辛い。なにも初戦で当たらなくても・・。

だがそこは試合、私は当然勝ちに行く気持ちで試合に向かう(これは校長もそうであるが)。

今まで練習してきたことを彼に全てぶつける気持ちで攻めまくったのが功を奏し、何とか判定勝ち。

試合後はまともに立てないくらいの疲労度であった。

2回戦(準決勝)までは、当然時間があるものと思っていたのだが、何と次の試合までは間8分と審判員に言われる。

日本の柔術協会主催の試合ならば、大抵試合の合間が1時間近くあるものが殆どなのだが、国際試合の場合は一気にトーナメントをやっつける方法で行われるらしい。

もう1回戦で全部出し尽くしてしまったというのに、回復もしないまま準決勝開始。

相手は全日本王者であるグラスコ柔術の堀川選手。

やるしかない。

試合は夢中でよく覚えてないのだが、序盤に堀川選手が私の袖に指を入れて掴む反則がありマイナスアドバンテージ。

後半に堀川選手が三角絞めで私を捉えかけたアドバンテージ。

アドバンテージ1対1なのだが、反則のマイナスアドバンテージの方が大きいポイントであるらしく、何とか勝つことが出来た。


そして決勝。今度は間16分後に行われるとの事。

もう体力も気力も残ってなかったのだが、北出君、野川、オカムー、アベちゃん、岡本君、中塚君等に励まされ、気合だけで試合に向かう。

相手はアトス&VPF柔術のラルフ・ゴー選手。

昨年の東京国際の1回戦で何とか勝てたものの、その後ブラジエイロ(ブラジル選手権)で準優勝をしている超・強豪だ。

この選手、本当に力が強い。

いや、勿論それだけではなくテクニックもあるのだが。


夢中だし疲労困憊だし、試合経過は覚えてないが、どうやら試合終了直前まで1アドバンテージで勝っていたらしい。

残り2秒でヒップスローからバックに回られたらしく、4ポイント取られ逆転負け。


疲れ切っていてガス欠状態の私は、膝を突き前かがみの体勢であったとの事。そりゃヒップスローからのバックをやってくれ と言っているようなモンである。

なんとも未熟である。

優勝を目指していただけに悔しいのもあるが、国際試合の試合進行の辛さを嫌というほど味わされた1日であった。

ムンジアル(世界選手権)もこの様な試合形式であるらしい。世界に行く為にも、このような進行についていける体力をつけるのも重要な課題である。


d0008777_9584856.jpg

2日目朝一番からの出陣だった冨ちゃん。紫ぺナ級で見事優勝!
d0008777_9585974.jpg

この前負けた間接魔女・ヤギちゃんにリベンジしての、優勝!さすがツヨカワ!!

画像は撮れなかったが、パレ千葉のアイちゃんも、青帯無差別級で優勝!

しかも絶対王者と思っていた小寺選手を破っての優勝!凄い!!

富ちゃん、アイちゃん、優勝おめでとう!2人ともホント強かった!!



d0008777_9592019.jpg

団体優勝は我がパレストラ!




d0008777_959344.jpg

団体3位のグレイシー・バッハ勢。

写真撮影時の掛け声!?歌!?がカッコよかった。







d0008777_9594629.jpg

パレストラ勢集合写真。

優勝ということで指立ててナンバー1!!!


パレストラ最高!!!!






d0008777_9595772.jpg

ちなみに、アジア団体優勝はパレストラの3連覇!


ということで、今度は3本指で撮影!!


パレストラ最強!!!



d0008777_1022632.jpg

試合後、パレストラ全体でパーティー。







d0008777_1023985.jpg

司会の太郎さん。

じつはこの日、ちょっとしたサプライズが・・。









d0008777_102503.jpg

パレストラ有志で出し合って、修斗ウエルター級チャンピオンのベルトを作成!!

太郎さんから中井さんへ!!!






d0008777_103382.jpg

ベルトを担ぐ中井さん。

カッコイイ!!







d0008777_1031861.jpg

皆それぞれ抱負を語る。

川崎代表のダルシムも抱負を語る。

ちなみに、1人エントリーと言えど、黒帯ガロ級優勝!!!

チームポイントに貢献した。






d0008777_1033158.jpg

抱負を語る!?語らされてる!?川崎勢。


なんか悪いことして反省の弁を言わされてる学生達みたいだな・・。






d0008777_1034593.jpg

私の古巣・千葉からは安達親分&松根くん!

ダルシム含めてのこのショット、今や貴重・・!


他支部の方々との交流も交わし、和やかにパーティー終了。


ちなみにこの日、私は呑んでません。疲れすぎてしまい、酒どころか、水分も取れないくらい衰弱する始末。


水分取ったら、すぐに下してしまうという、なんとも情けない状態に・・。


それでもパーティー終了後辺りから徐々に回復してその後川崎軍団と軽く呑みに行ったが。







d0008777_104219.jpg

優勝できなかったのは悔しいけど、あれだけのメンバーの中で、あの経験したことない試合進行で準優勝できたのはいい経験であった。


※画像はないが、オカムー茶ガロ級準優勝、練習仲間・グレイシーバッハの中塚君は茶ぺナ級で3位入賞、葛西代表の広瀬君はマスタークラスながら黒帯レービ級で優勝!!
3人ともオメデト!
[PR]
by only.1.tatsuya | 2010-09-13 10:00